教員紹介

教授(保健センター長/スポーツイノベーション研究所 研究員)

羽藤 文彦

HATO Fumihiko

主な担当科目

専門演習5・6/ 健康科学

所属 経営学部
最終学歴・学位 大阪市立大学医学部卒業・医学博士
専門分野

生理学、医学

主な業績(著書・論文等)
著書
子育て上手 自信が持てる子育て 狭間香代子、橋本好市編 棋苑図書 2006年 分担執筆
MCQによる生理学問題集 日本生理学会教育委員会編 文光堂 2006年 分担執筆

論文
Granule swelling and cleavage of mitogen-activated protein kinases in human neutrophils undergoing apoptosis. Biochemical and Biophysical Research Communications 381, 2009
Increased basal phosphorylation of mitogen-activated protein kinases and reduced resposiveness to inflammatory cytokines in neutrophils from patients with rheumatoid arthritis. Clinical and Experimental Rheumatology 26, 2008
Calcium channel blockers suppress cytokine-induced activation of human neutrophils. Am. J. Hypertension 21, 2008
Toll-like receptor agonists stimulate human neutrophil migration via activation of mitogen-activated protein kinases. Immunology 123, 2008
Neutrophil elastase as a predicting factor for development of acute lung injury. Internal Medicine 46, 2007
Erythrophagocytosis by liver macrophages (Kupffer cells) promotes oxidative stress, inflammation, and fibrosis in a rabbit model of steatohepatitis - Implications for the pathogenesis of human nonalcoholic steatohepatitis. Am. J. Pathol. 170, 2007
Neutrophil-activating activity and platelet-activating factor synthesis in cytokine-stimulated endothelial cells: Reduced activity in growth-arrested cells. Microvascular Research 73, 2007
Enhanced neutrophil motility by granulocyte colony-stimulating factor: the role of extracellular signal-regulated kinase and phosphatidylinositol 3-kinase. Immunology 119, 2006Type I and type II interferons delay human neutrophil apoptosis via activation of STAT3 and up-regulation of cellular inhibitor of apoptosis 2. J. Leukocyte Biology 78, 2005
所属学会 日本再生炎症医学会
オフィスアワー 月曜日2時限目(10:40-12:10)

学生へのメッセージ

私は20数年来、生理学・細胞情報学の研究・教育に携わってきました。生理学・細胞情報学というと何か解り難いかと思いますが、生理学は人間が生きている理(ことわり)を学ぶ学問、すなわち、正常な人間の体の機能を調べる学問です。また、細胞情報学とは外界からの刺激に対して細胞は反応を起こしますが、その情報伝達がどの様に行われるのかを調べる学問です。この分野の研究で非常に面白く感じたことは、何も反応していない細胞でも常に、刺激を伝えるシグナルを生成すると同時にそのシグナルを消去していることです。シグナルの生成が強くなる或いはシグナルの消去が弱くなると情報が伝わり、細胞の反応が起こります。このように一見何もしていないように見える細胞でも常に外界からの情報に対して応答するために活発な代謝を行っているのです。非常に無駄なことのように思えるかもしれませんが、何か変化があればすばやく反応するための準備状態を維持しているのです。
皆さんが大学に入学されて、時に何をやっても成果が出ないと感じることがあるかもしれませんが、それは無駄なことではなく、これから起こる変化に対応するための準備期間かもしれません。あせらず、着実に努力することによりさらに一歩前進できることと思います。