教員紹介

准教授(産官学連携センター長/教育研究支援本部長)

池田 千恵子

IKEDA Chieko

主な担当科目

公共政策フィールドワークⅡ/ 学外連携PBL/ スタディスキルズ2/ 地域協働論

所属 経営学部
最終学歴・学位 大阪市立大学大学院 創造都市研究科 都市政策研究領域 博士課程修了・博士(創造都市)
専門分野

都市地理学、都市社会学
(キーワード)リノベーション、ジェントリフィケーション、地域再生、インナーシティ

主な業績(著書・論文等)
【著書】
・『入門観光学』(共著)、ミネルヴァ書房、2018
・佐々木雅幸総監修『創造社会の都市と農村』(共著)、水曜社 、2019

【論文】
・「観光需要の拡大による地域の変容-京都市下京区菊浜を事例として-」、『日本都市学会報告集』 Vol.54, pp.167-175, 2021年5月 ※査読あり
・「町家のゲストハウスへの再利用と地域に及ぼす影響-京都市東山区六原を事例に-」、『地理学評論』 Vol.93(No.4), pp.297-313 2020年7月 ※査読あり
・「観光需要の拡大に伴う地域の変容 -石川県金沢市ひがし茶屋街を中心に-」、『日本都市学会報告集』 Vol.53, pp.213-220 2020年5月 ※査読あり
・「リノベーションによる中心市街地の再生 -新潟市上古町地区を事例として-」、『日本都市学会報告集』 52 号、pp.187-195 、2019 ※査読有り
・「リノベーションによるインナーシティ問題の解消-新潟市沼垂地区を事例として-」、『関東都市学会年報』、第18号 pp.38-47 、2019 ※査読あり
・「ポートランド市パール地区における再生と社会的構成の変化」、『都市地理学』Vol.13, pp.33‐47、2018 ※査読あり
・「歴史的建造物のリノベーションによる日米のインナーシティ問題の対策に関する研究 ―新潟、京都、ポートランドを事例として―」、大阪市立大学創造都市研究科、博士論文、2018 
・「京都市東山区六原の空き家対策とまちづくり」、日本建築学会事前復興・対策小委員会、『福島復興の環境都市計画の視点からの検証および災害復興準備に関する公開研究会』pp.19-24、2018
・「レトロな長屋の商店街再生と集客-新潟・沼垂の取り組み-」、『地域開発』617号、pp.18-21、2017
・「新潟市沼垂地区における空き店舗再利用による再活性化」、日本都市学会報告集』49号 、pp.157-162、2016 ※査読有り
・「新潟市沼垂(ぬったり)地区における遊休不動産の活用」、大阪市立大学大学院 創造都市研究科『地域活性化ニューズレター』9号、pp.6-8、2016
・「歴史的資産を継承するまちづくり-新潟市中央区を事例に-」、『都市経済・地域政策』大阪市立大学大学院創造都市研究科、11号、pp.1-11、2015
・「歴史的資産を継承するまちづくり-新潟市中央区を事例に-」、大阪市立大学創造都市研究科、修士論文、2015
                                                          
【学会発表等】
・「アルベルゴ・ディフーゾによる地域の再生-岡山県矢掛町を事例として-」、日本都市学会第68回大会、2021年10月
・「日本におけるアルベルゴ・ディフーゾによる 衰退地域の再生 -静岡県熱海温泉を事例として-」、日本地理学会秋季学術大会、2021年9月
・「外国人宿泊客の増加と地域の変容-兵庫県城崎温泉を事例として-」、日本地理学会春季学術大会、2021年3月
・「COVID-19における観光需要の大幅な減少と宿泊施設への影響 -石川県金沢市を事例として-」、日本地理学会秋季学術大会、2020年11月
・「観光需要の拡大による地域の変容 ―京都市下京区菊浜を事例として― 」、日本都市学会第67回大会、2020年11月
・「ホテルの過剰供給による都市の変容-金沢市におけるツーリズムジェントリフィケーション-」、日本地理学会春季大会 、2020年3月
・「金沢市における観光需要の増加に伴う都市の変容」、第10回 北陸地域政策研究フォーラム、2019年12月
・「観光需要の拡大に伴う地域の変容 -石川県金沢市ひがし茶屋街を中心に-」、日本都市学会第66回大会、2019年10月
・「観光産業の拡大による地域への影響 -石川県金沢市を事例として-」、日本地理学会秋季学術大会、2019年9月
・「観光産業の拡大にともなう都市の変容-金沢市東山の事例から-」、2019年度第1回URP先端都市特別研究員(若手)合評会、2019年9月
・「町家ゲストハウスの増加の要因と地域に及ぼす影響―京都市におけるツーリズムジェントリフィケーション―」、経済地理学会 関西支部7月例会(共催:人文地理学会 都市圏研究部会)、2019年7月
・「観光産業の拡大にともなう都市の変容 ―ツーリズムジェントリフィケーション―」、日本地理学会春季学術大会、2019年3月
・「The Growth of the Tourism Industry and City Change: Tourism Gentrification」、先端都市特別研究員(若手)合評会、2019年2月
・「リノベーションによるインナーシティ問題の解消 -新潟市上古町地区を事例として-」、日本都市学会第65回大会、2018年10月
・「リノベーションによるインナーシティ問題の解消」、関東都市学会春季大会 シンポジウム 、2018年5月 ※招待あり
・「京都市東山区六原の空き家対策とまちづくり」、建築学会 福島復興の環境都市計画の視点からの検証および災害復興準備に関する公開研究、2018年3月
・「新潟市沼垂地区における遊休不動産活用による再活性化」、地域デザイン学会 関西・北陸地域部会第6回研究会、2017年7月
・「京都市下京区における町家を再利用したゲストハウスの増加」、日本地理学会春季学術大会 、2017年3月
・「オレゴン州 ポートランド市における地域再生の動向」、日本都市学会第63回大会 、2016年10月
・「新潟市沼垂地区と大阪市阿倍野区におけるリノベーションによるまちづくり」、42回交通経済&第76回都市・地域経済研究会、2015年12月
・「新潟市沼垂地区におけるリノベーションによるまちづくり」、日本都市学会 第62回大会、2015年11月
・「まち歩きと地図による地域アイデンティティの確立-新潟市中央区を事例に」、地域活性学会第7回研究大会、2015年9月
・「遠隔地での6 次産業化を加速させる大学と中央卸売市場に関する一考察-大阪府中央卸売市場と大阪成蹊短期大学の事例を中心に-」、地域活性学会第6回研究大会、2014年7月

【その他】
<招待講演>
・「大学連携による商店街の活性化について」、JR吹田駅周辺まちづくり講演会、2022年2月7日
・「アルベルゴ・デフィーゾタウン矢掛における観光戦略」、地域デザイン学会 全国研究部会、2022年1月
・「連携事業活動を通じて課題解決策や実践力を学ぶ」、大学コンソーシアム大阪 地域連携情報交換会 2021年12月
・「ツーリズムジェントリフィケーション -金沢市と京都市における観光需要の増加に伴う都市の変容-」、金沢大学地域政策研究センター公開研究会、2020年2月
・「京都市におけるツーリズムジェントリフィケーション ~町家ゲストハウスの増加と地域社会への影響~」、グローバル・ジャスティス研究会、2020年1月
・「リノベーションによるインナーシティ問題の解消」、関東都市学会春季大会 シンポジウム、2018年5月
・「飛騨蔬菜出荷組合との産官学連携について」飛騨蔬菜出荷組合女性部会、2015年11月

<社会貢献活動>
・2018年4月 大阪市生活支援体制整備事業にかかる東淀川区における協議体 議長(現在に至る)
・2018年4月 大学コンソーシアム大阪 地域連携部会委員(現在に至る)
・2015年4月 かわにし創生総合戦略推進会議 委員〈兵庫県川西市より委任〉(2019年6月まで)

<委員歴>
2021年4月  日本都市計画学会 防災・復興問題研究特別委員会 第3部会:人為的災害 (現在に至る)
2021年4月  奈良県五條市 奈良県五條市市史編纂 地理環境専門部会員(現在に至る)
2020年4月  経済地理学会 編集委員(現在に至る)
2017年4月  日本建築学会 事前復興・対策小委員会 (2021年3月まで)

<免許・資格>
・幼稚園教諭1種免許
・小学校教員1種免許
・中学校教員(国語)2種免許
所属学会 日本都市学会、日本地理学会、日本都市地理学会、日本都市計画学会、日本建築学会、地域デザイン学会、島根地理学会

学生へのメッセージ

地域や海外に出て多くの人々と出会い、たくさん刺激を受ける。このような経験から得た知識や技術は、ずっと使えるスキルになります。豊かな学生生活を過ごせるよう応援します。