教員紹介

講師(スポーツイノベーション研究所 研究員)

古川 拓也

FURUKAWA Takuya

主な担当科目

スポーツマネジメント基礎Ⅰ/ 専門演習3・4・5・6/ スポーツ組織論/ 経営学入門/ スポーツビジネス基礎Ⅰ/ 成蹊基礎演習1・2/ スポーツマネジメント論/ キャリアプランニング/ スポーツ経営論/ スポーツ政策論/ スポーツキャリア論

所属 経営学部
最終学歴・学位 早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 博士後期課程研究指導終了による退学・修士(スポーツ科学)
専門分野

スポーツ政策論、スポーツマネジメント、運動部活動政策

主な業績(著書・論文等)
【学術論文】
・チーム・アイデンティフィケーションと地域愛着の因果関係に関する考察.共.2018.スポーツ産業学研究,28(1),1-12.
・スポーツ観戦意図及び行動と地域愛着の関係分析:FC今治を事例として.共.2017スポーツ産業学研究,27(3),223-232.
・ママさんバレーにおけるスポーツ・コミットメントモデルの検討-中断経験に着目して-.共.2017.バレーボール研究.19(1),1-7.
・わが国の20代から40代ランニング大会参加経験者のランニング大会選好に関する研究〜ライフスタイルに着目して〜.共.2017.ランニング学研究,28(2),29-49.
・中学校運動部活動顧問教師のストレッサーに関する研究-運動部活動顧問教師用ストレッサー尺度の作成及び属性間による比較検討.共.2016.スポーツ産業学研究,26(1),29-44.
・アスリートの思いと被災地域の希望をつなぐ‐日本アスリート会議‐震災後に考える.共.2015.早稲田大学・震災復興研究論集編集委員会[偏],695-709.
【学会発表】
・Current status and issues of School-Based Extracurricular Sports Activities by private consignment, 『The 3rd International Symposium on “Helth Promotion:The Joy of Sports and Exercise”』, Tokyo, Japan, (March 2017)
・中学校運動部活動顧問教員のストレッサーに関する研究,『日本体育・スポーツ政策学会第24回大会』,東京,2014年12月.
・学校運動部活動顧問教員のストレッサーに関する研究,『日本スポーツ産業学会リサーチ・カンファレンス2015』,愛知,2015年2月.
・民間委託による運動部活動,『日本体育・スポーツ政策学会第26回大会』,兵庫,2016年12月.
所属学会 日本スポーツ産業学会、日本体育・スポーツ政策学会

学生へのメッセージ

よく学び、よく遊べ。自らの興味関心があることは積極的にチャレンジしましょう。時には、気が乗らない嫌なことにも取り組んでみることが大事かもしれません。様々な経験を通して大学生活が充実することを願っています。