【教育学部】 保健体育教育コース【教育学部】 保健体育教育コース

中学校、高等学校の保健体育科教育やクラブ指導に関する専門的な教育理論と実践的な指導法を学びます。運動や健康に関する幅広い学び、教育現場での学校体験活動と実習を通じて実践力を身につけ、教員採用試験の現役合格をめざします。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    運動や健康に関する高い専門性を身につける

    1年次は、陸上や球技など実技指導に必要なスキルを身につけ、2年次からの体育科指導法で授業の実際を学ぶとともにスポーツ医科学、予防医学など保健体育科教育の基盤となる理論を学びます。3年次からは、競技特性やヒトの体のつくりと機能を理解し、科学的根拠に基づいたクラブ指導に必要な知識を身につけます。

  • Point

    2

    体育授業・クラブ指導のスペシャリストになる

    生徒一人ひとりの体の特性を踏まえて科学的根拠に基づいた体育授業やクラブ指導を行うため、コーチングやコンディショニングなどに関する理論と実践を幅広く学び、高い専門性と指導力を培います。中学校、高等学校での指導や競技経験のある教員から、安全で効果的な指導法を具体的に学びます。

  • Point

    3

    教員採用試験現役合格をめざす

    中学校、高等学校の教員採用試験に求められる実技、理論、授業力などの高度な専門性を着実に身につけられるよう独自の教員採用試験対策システムで、一人ひとりの学びをサポートします。また、スポーツトレーナーなど生涯スポーツにかかわる進路も視野に入れ、夢の実現を応援します。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    武道(柔道)

    日本固有の武道、柔道を学びます。柔道に必要な基本動作と対人技能を修得して受け身、固め技、抑え技などの技能を高めるだけでなく、柔道の理念である「精力善用」と「自他共栄」の精神を理解します。身体や精神を鍛錬修養するとともに、審判法についても学びます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    スポーツ測定と評価

    学校体育で行う体力測定は、“測って終わり”になることが多く、それぞれの体力が競技種目にどう影響するかが個人にフィードバックされない現状があります。自分の体力を知ることは競技パフォーマンスの向上やスポーツ障害の予防につながります。実技を通じて測定の方法や評価の意義を理解します。

Pick Up! 教員

身体の構造や機能も深く学び安全で効果的な指導をめざします。

人間の身体の構造や機能、運動刺激に伴うさまざまな生体反応に関する学びを多く取り入れ、安全で効果的な指導ができる人材を育成しています。スポーツ指導は多くの人と関わる分野です。学校体験活動やさまざまなスポーツ活動を通じて、人との関係を大切にし、環境に感謝できる教員を育てたいと考えています。

臼井 達矢准教授

運動生理学、運動免疫学、スポーツ医学を専門とし、運動やストレスに伴う身体の生理学的応答、特に免疫機能への影響に関して研究。免疫力と、運動・生活習慣・自律神経のバランス・疲労やストレスとの関連を探っている。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・中学校教諭(保健体育)
  • ・高等学校教諭(保健体育)
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1・3)
  • ・小学校教諭(※3)
  • ・特別支援学校教諭(※3・6)
  • ・社会福祉主事(任用資格)(※2) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。
  • ※2 本学で指定科目を履修し、当該職務に就いたときに発効する資格です。
  • ※3 各コースで定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。
  • ※6 特別支援教育領域は、知的障害者・肢体不自由者・病弱者です。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • ・高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • ・特別支援学校教諭一種免許状(※3・6)
  • ほかに小学校教諭一種免許状も取得可能(※3)
  • ※3 各コースで定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。
  • ※6 特別支援教育領域は、知的障害者・肢体不自由者・病弱者です。

卒業後の進路

中学校教員(保健体育)、高等学校教員(保健体育)、小学校教員、スポーツトレーナー、フィットネス、教育関連企業、スポーツ関連企業、公務員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

母校での現場実習で教員への夢がよりリアルに。

1年次のボランティア実習で母校へ。授業補助・部活補助をする中で指導者の視点についてリアルに考えることができました。スポーツ施設が充実していて、運動好きな仲間と熱い学びの時間を過ごしています。めざすは生徒の思いに寄りそえる教員です。

勢力 竜里さん  1年生

写真