【芸術学部】 バーチャルメディア・ボイスクリエイターコース【芸術学部】 バーチャルメディア・ボイスクリエイターコース

YouTubeをはじめとしたさまざまなソーシャルメディアなどの媒体で、ネットを通じた広告やさまざまな企画をプロデュースして世界へ発信するクリエイターをめざします。撮影・編集・配信に必要なスキル、企画力や発想力、また声優としてのテクニックや表現力を身につけ、世界のソーシャルビデオに革命を起こし、新たなマーケットを創出する人材を育成します。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    ゼロからプロへの道筋をつける

    1年次には映像づくりの基礎を修得。2年次には作品制作、自己分析、企業調査、ポートフォリオ制作など就職のサポートを、3・4年次はチーム・個人による制作・発信を繰り返し行い実力を養います。

  • Point

    2

    時代の最先端をゆく教育カリキュラム

    移り変わりの早い業界の流行・最先端技術に常に触れ、学べるように、現場で活躍するプロや大手広告代理店出身者を客員教授に起用。現役声優なども招き、学生の活動を世に出し、在学中デビューをめざします。

  • Point

    3

    クリエイターに必要な「人間力」の獲得

    大手企業をはじめ、社会から必要とされるのは「コミュニケーション能力の高い人材」。クリエイターとしてさまざまな人と関わりながら成果を出せるよう、グループワークを通じて「人間力」を高めます。

Pick Up! 教員①

エンタテインメント界を生き抜くための自己プロデュース能力を育てる。

本コースでは基礎をしっかり学んだ上で、より高度な技術を修得。現場を想定したチーム制作を経験しながら、最終的に自分の代表作をつくります。芸術分野だけでなく商業にも通用する力をつけるため、カリキュラムは実践型。プロの世界で求められ、輝ける人材の育成に努めています。

芸術学部長糸曽 賢志教授

映像監督、映像技術研究者。10代で宮崎駿監督に師事しアニメ演出を学ぶ。主な作品は「遊戯王」「トランスフォーマー」「夢みる機械」「進撃の巨人」「SMAPコンサートツアー」など。

写真

Pick Up! 教員②

ここだけの“スキルセット”きっと力がつく学びと実践を

これからのメディアに関する新しい技術や情報、また、メディアに必要なさまざまなことを学び、実践することができます。大学の学問としては、とても先進的な内容になる予定です。同じ思いを持った仲間に出会い、仕事をともにできるような最高のパートナーをここで見つけてください。

客員教授山村 嘉克

大手広告代理店や自ら設立したWebプロダクション、デジタルクリエイティブエージェンシーで広告事業を牽引。現在はモバイル動画の総合メディア事業を展開する「Candee」で動画マーケティング支援事業を統括。

写真

Pick Up! 教員③

創造力を武器にできる人にここから何かが生まれる予感。

自分が何かをしたいと思ったとき、このコースで同じ考えを持つ仲間と一緒に、ここから何かが始まるかもしれません。新しいプロジェクトや会社を起こしてもいいでしょう。今、大学のあり方が変わってきています。今後の人生で必要な創造力を鍛える体験を存分にしてほしいと思います。

客員教授波房 克典

博報堂でメディアプロデューサーとして活躍後に独立。ソーシャルプロジェクトをゼロから設計し、社会現象を創り上げるプランナーとして、「COOLBIZ」ほか多くの実績を持つ。地域の課題解決にも造詣が深い。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・Adobe Photoshop®検定
  • ・Adobe Illustrator®検定
  • ・Webクリエイター検定
  • ・色彩検定®
  • ・博物館学芸員
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(美術)
  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

イベント会社、広告代理店、テレビ・ラジオ局・インターネット放送局、PR会社、マネジメント会社、映像制作会社 など

カリキュラム