教員紹介

教授

阿部 緑

ABE Midori

主な担当科目

成蹊基礎演習1・2/ 造形芸術専門基幹演習2/ 造形初動演習/ 造形芸術専門展開演習5/ 卒業制作・研究2/ 造形演習3(工芸)

所属 芸術学部
最終学歴・学位 京都市立芸術大学大学院 修士課程修了・芸術学修士
専門分野

染色(理論・作品制作)、美術・工芸科教育

主な業績(著書・論文等)
【受賞・表彰歴】
・京展 市長賞1987年・京都市芸術文化協会賞1992年・あかね賞1993年》
・日本新工芸展 読売新聞大阪本社賞1988年、1997年、2004年・日本新工芸奨励賞1989年、1990年、1993年・全日空賞1995年・日本新工芸企画賞2012年・京都府知事賞2013年
・明日をひらく日本新工芸選抜展 優秀賞産経新聞社賞1989年、1991年・優秀賞フジテレビ賞1990年
・京都工芸ビエンナーレ展 特別優秀賞1990年
・京都府文化賞 奨励賞1992年:海外研修
・京都工芸美術作家協会展 協会奨励賞1992年
・The Art Olympic in Athens Award of Apollo 2004年
・Salon des Beaux Arts「審査員特別賞」Prix Special du Jury 2016年

【講演活動】
・「日本の染色技法」講演(1987年、Kansas / USA)
・World Batik Conference 2005 : Concurrent Session「Contemporary Rozome in Japan」(Massachusetts College of the Arts、Boston / USA)
・Fall Textile Symposium「Japanese Style and Culture of Cloth」(2005年、George Washington University Washington DC / USA)
【作品発表】
・日展(1993年~2017)
・京展(1993年~1999年)
・日本新工芸展(1985年~2018)
・京都工芸美術作家協会展(1992年~2016)
・京都工芸ビエンナーレ展(1990年)、
・新鋭美術選抜展(1993年)
・染・アート展(1994年)
・現代京都の工芸展(1995年)
・平成と次代を担う染色展(1996年~1999年)
・Arts and Crafts of Kyoto exhibition(2001年、Edinburgh / Scotland)、The Art Olympic in Athens(2004年、Athens / Greece)
・World Batik Conference Boston(2005年、Boston、Washington / USA)、染・清流展(2007年)、個展(2009年)
・JTCテキスタイルの未来形2010東京展、2011年網走展
・Salon des Beaux Arts ( 2016年・2017年、Paris / France)
他多数

【寄稿】
・月刊染織αNo.177「クリエイティブスピリッツ―工芸染色作家の発想と表現―」
・月刊染織αNo.295特集:「ろう染の表現世界 ろう染の可能性を求めて―世界ろう染会議のセッションから―」(部分執筆)

【免許・資格】
中学校教諭一級(美術)、高等学校教諭二級(美術)、高等学校教諭一級・二級(工芸)、学芸員資格

所属学会 社団法人日展、日本新工芸家連盟、京都工芸美術作家協会、日本テキスタイル協会

学生へのメッセージ

大学生活は将来の夢の実現のための第一歩です。今だからできること、今しなければならないことを認識し、有意義な4年間を過ごして下さい。「学ぶ」チャンスを積極的に掴み、自らの可能性を広げましょう。