教員紹介

准教授

辰巳 清

Tatsumi Kiyoshi

主な担当科目

ビジネス・インターンシップ1/ アートマネージメント論/ 造形芸術専門研究1/ 地域連携PBL

所属 芸術学部
最終学歴・学位 同志社大学 商学部卒業・学士(商学)
京都芸術大学大学院 芸術研究科 芸術環境専攻修士課程在学中
専門分野

芸術実践論、アートマネジメント、芸術産業

主な業績(著書・論文等)
【著書】
・『江戸の暗号を探る~100倍拡大!浮世絵 DVD プック~①日本橋 広重 ②冨獄 北斎 ③美人 歌麿』講談社 2011年
【論文】
・COVID-19 時代における文化芸術プロジェクト「地域アートフェスティバルのオンライン化プロジェクト~東京・天王洲の事例~」東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科論集 2021年
【学会発表等】
・「持続可能な展覧会」 深圳デザイン学会「国际视野下的可持续概念设计」2019年
・「持続可能な日本の美学」全中国服飾学会「Design of Sustainable Concept from the International Perspective」2019年
【その他】
・コンサート、音楽フェスティバルのプロデュース(1992年~現在)。数々の音楽フェスティバルにおいて企画制作、宣伝、運営、損益管理等、製作責任者を担当した実績がある。サザンオールスターズ、ONE OK ROCK、Mr.Children、GLAYらが出演した『The 夢人島 Fes.2006』においてはチーフプロデューサーを担当し開催成功に導いた他、国や自治体、企業が主催する音楽フェスティバル等、10万人規模の野外イベントから最先端のクラブイベントまで計1712公演のプロデュースを担当した。
・演劇公演、海外招聘ミュージカルのプロデュース(1995年~現在)。国内の劇団や海外の著名ミュージカルを招聘し日本国内で公演するための制作業務に従事した実績がある。フエルサブルータ「WA! Wonder Japan Experience」(2017~2018年)では製作総責任者を担当した他、計666公演のプロデュースを担当した。
・展覧会プロデュース、展示演出(2009年~現在)。国内外の美術館、博物館等での展覧会のプロデュース、展示演出、学術監修を担当した実績がある。国立歴史民俗博物館「性差の日本史」展(2020年)、スウェーデン国立美術館「BORO- THE ART OF NECESSITY」展(2021~2022年)など、国内外12館での計24展に携わった。
所属学会 イベント学会、日本ポピュラー音楽学会

学生へのメッセージ

本学部は様々なことを横断的に学べる総合大学の中にある芸術学部です。その強みを活かし、やりたいことを考え抜き、社会で活躍する力をぜひ身につけてください。