教員紹介

教授(造形芸術学科長)

石井 理之

ISHII Masayuki

主な担当科目

美術科指導法Ⅰ~Ⅳ/ 造形演習1(絵画)/ 造形演習2(彫刻)/ 教育実習事前事後指導/ 教職実践演習(中・高)/ 基礎造形演習【VD】/ 成蹊基礎演習2/ 介護体験/ 教育実習Ⅰ

所属 芸術学部
最終学歴・学位 兵庫教育大学大学院 学校教育研究科・修士(学校教育学)
専門分野

美術科教育、絵画、彫刻

主な業績(著書・論文等)
【著書】    
・ベラスケスの「ラス・メニーナス」鑑賞学習をデザインする,日本文教出版 (2006)
・コンピュータを用いた美術部の活動,美育文化協会・美育文化 (2002)

【論文】
・学校美術教育(絵画領域)にポップカルチャーを取り入れた題材を実践する研究,大阪成蹊大学紀要第8号(2021)
・大学、高等学校、中学校が連携した美術科教材の開発,大阪成蹊大学紀要第7号(2020)
・子どもの多様な表現を促進する図画工作科・美術科授業のための予備的考察,大阪成蹊教職研究第2号(2020)
・美術科学習指導要領における「B鑑賞」の取り扱いについての考察,大阪成蹊大学紀要第6号(2019)
・International Student’s Drawings: What are They Telling Us?, InSEA 2008 32nd World Congress in Osaka, proceedings (2008)
・The Meaning of Visual Environment of The Japanese Junior High School Students and Its Implication for Art Teaching, InSEA2006 International Congress in viseu, Portugal, proceedings (2006)
・中学生のヴィジュアル環境と美術教育との関わりについての予備的考察, 美術科教育学会・美術教育学26号(2005)
・A Relation between Visual Environment and Art for Japanese Junior High Students, InSEA 2004 Asian Congress in Beijing Proceedings(2004)
・学校文化からの逸脱としてのスタイリング・コラボレーション,美術科教育学会・美術教育学24号(2003)
・Reform of School Curriculum in Japan and Its Impacts on Art Education at Junior High Schools ,InSEA 2002 World Congress in New York, proceedings (2002)
・造形教育によるエンパワメント, 兵庫教育大学教科教育学会 (1999)

【学会発表】
・International Student’s Drawings: What are They Telling Us? , InSEA 2008 32nd World Congress in Osaka (2008)
・中学生を対象とした鑑賞教育, 第28回美術科教育学会京都大会,京都教育大学 (2006)
・Meaning of Visual Environment Surrounding Japanese Junior High School
Students and Its Implications for Art Education, InSEA2006 International Congress in viseu, PORTUGAL (2006)
・中学生のヴィジュアル環境と鑑賞教育の関わりについての研究, 第27回美術科教育学会千葉大会,千葉大学 (2005)
・中学生の視覚環境と美術教育との関わりについての研究, 日本教育実践学会2005公開研究会,兵庫教育大学神戸サテライト (2005)
・The Relationship between the Visual Environment and the Art of Japanese
Junior High Students, InSEA 2004 Asian Congress in Beijing,中国 首都師範大学(2004)
・中学生をとりまくヴィジュアル環境にみる美術教育の関わりについての研究,第26回美術科教育学会広島大会,広島大学 (2003)
・Reform of School Curriculum in Japan and Its Impacts on Art Education at Junior High Schools, InSEA 2008 31st World Congress in New York (2002)
・学校文化からの逸脱としてのスタイリング・コラボレーション,第24回美術科教育学会鳴門大会,大塚国際美術館 (2002)
・造形教育によるエンパワメント, 第23回美術科教育学会兵庫大会,兵庫教育大学 (2000)

【その他】
<作品発表>
・個展,番画廊,大阪市(1987,88,91,92,93,94,2005)
・個展,池田市立ギャラリーいけだ,池田市(1991)
・個展,ギャラリー白,大阪市(1990)
・オータナティヴズ・イン・アート'98異なる視界, 大阪府立現代美術センター,大阪市(1998)
・色相の詩学展, 川崎市市民ミュージアム,川崎市 (1991)
・第3回ACRYLART展, 目黒区美術館,東京都 (1990)
・アートジャンクション, 四条河原町阪急,京都市 (1990)
・構造化された時間, ギャラリー射手座,京都市 (1989)
・ポリクロスアート展, 高知県立郷土文化会館,高知市 (1989)
・Youth of Art,ギャラリー白,大阪市(1983)
・New Art Scene in Kansai,京都市立芸術大学・大阪芸術大学・大阪府立現代美術センター(1983)
<免許>
・高等学校教諭専修免許状,一種免許状(美術)
中学校教諭専修免許状,一種免許状(美術)
・社会教育主事講習(大阪大学)修了・社会教育主事任用資格取得
所属学会 ・美術科教育学会
・InSEA(国際美術教育学会)

学生へのメッセージ

みなさんは、自分が表現することに一番興味を覚えるかもしれません。
しかし人に教えることで、美術への理解が深まると同時に、表現の幅や奥行きが広がります。