【芸術学部】 ゲーム・アプリケーションコース【芸術学部】 ゲーム・アプリケーションコース

ゲームグラフィックのデザインを中心としてデッサン、デザインの基礎力を身につけます。ゲーム制作実習を繰り返し学び、現場で必要な力や素養を身につけます。さまざまな実習を通じてデザインスキルだけでなく、アートディレクション、チーム運営能力など、プロジェクトで活躍できる人材をめざします。

写真

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    最新の制作現場のノウハウを体験できる学び

    「ディライトワークス株式会社」との連携や、実際の企画書を用いた実践的な授業を展開。最新ゲームエンジンン「Unreal Engine 4」や「Maya」、「Unity」を使い、「今」求められるスキルを修得します。

  • Point

    2

    4年制大学だからこその充実したカリキュラム

    1年次にはデザインの基礎力を身につけます。2~4年次にはインターンシップや産学連携などのプロジェクト演習を通じてプロの制作現場を体験し、豊富な制作実習を繰り返します。

  • Point

    3

    クリエイターに必要な「人間力」の獲得

    デザインスキルだけでなく、アイデア力や思考力を鍛えます。またプロの制作現場と同じ制作プロセスのグループワークで、アートディレクション力やチーム運営能力を磨きます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    ZBrush上級(専門展開演習7)

    3DCGソフト「ZBrush」の基本的な知識・操作を修得した人を対象に、さらにハイレベルな制作指導を行います。立体出力も含めた多様なデジタル彫刻を学び、材質や質感の表現を決定するレンダリングなども経験。代表作ともなるべき作品を完成させます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    Maya上級(専門展開演習6)

    ゲームなどのコンテンツを制作する上で必要となる3Dモデリング、テクスチャーの制作、リギング、アニメーションなどのワークフローを、Mayaを使って学びます。すでに学んできたZBrushとMayaとを連動させて質感のクオリティーを高めたり、実際の人間の動きをデータ化するモーションキャプチャーについても学びます。

Pick Up! 教員

プログラミング的思考を通じてゲームの可能性に挑戦しましょう。

近年、ゲームは生活をより豊かにするツールとして教育や健康分野などで活躍の場を広げています。プログラマーの立場から他の分野にも転用できるアイデア・スキルを皆さんにお伝えし、より汎用性の高い能力を身につけていただきます。「好き」を突き詰め、一緒に成長していきましょう。

伊藤 俊輔准教授

2004年に株式会社トーセに入社。プログラマーとして家庭用ゲームの開発に携わる。代表作は「ドラゴンクエストⅧ」「ドラゴンクエストⅪ」「ドラゴンクエストモンスターズシリーズ」など。その他モバイルアプリの開発などディレクターとしても活躍中。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・Adobe Photoshop®検定
  • ・Adobe Illustrator®検定
  • ・Webクリエイター検定
  • ・色彩検定®
  • ・博物館学芸員
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(美術)
  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)

めざす卒業後の進路

ゲームクリエイター、イラストレーター、ソフトウェア開発会社、アプリデザイナー、ゲームプランナー、教員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

現役クリエイターの先生から学ぶ、ゲーム業界の“リアル”。

将来はゲームのキャラクターやCGのデザインに携わりたく、現役クリエイターの先生が多い本コースを志望。印象的だったのは、チームで架空のゲームのキャラクターやメインビジュアルを作る授業。制作は個人作業が多いため、協力して作るのは新鮮で貴重な経験でした。

竹越 咲希さん  1年生

写真