【経営学部】 国際キャリアコース【経営学部】 国際キャリアコース

国際経営関連の教養と高い英語コミュニケーション能力を身につけます。主体的に考え、課題に取り組み、多様な他者と協力しながら解決していく能力を備え、国内外の企業でグローバルに活躍することのできる人材をめざします。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    グローバルビジネスの専門性と、国際的なビジネス感覚を養う

    グローバル企業の事業展開や運営、商品企画からプロモーションや販売まで総合的に学び、国際経営の専門性を高めます。また、Global Marketingなどの英語による専門講義などを通じ、経営の専門性と英語力を備えた国際的なビジネス感覚を養います。

  • Point

    2

    グローバル社会で活かせる英語力を身につける

    少人数・習熟度別のクラス編成による英語授業とネイティブの教員による個別指導が特徴です。短期海外研修では各国の学生と英語で意見交換を行い、グループで解決策を考える授業などを体験してください。

  • Point

    3

    企業の現状を分析し、国際競争力を高める企画力や課題解決力 を養成

    欧米、アジア等の市場や世界の経済動向などを学び、企業の経営を分析し、国際競争力には何が必要かを考えます。調査や分析に基づき、主体的に考え行動できるよう、企業のマーケティング戦略など実践的な授業を行い、企画力や課題解決力を身につけます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    国際経営戦略論

    グローバル化が進む今日の国際的な企業経営について、さまざまな戦略に関する知識や理論を学ぶことで、重要な問題を自分なりの見解やアイデアで発見し、それらを解決していく力を養います。多国籍企業の具体的な事例や動向の解説を交えながら受講生と討議する双方向型の授業です。

  • 写真

    Pick Up

    2

    Study Abroad English 2

    文化的背景の異なる人とのコミュニケーションに必要な英語力を養います。留学を意識した授業で、TOEIC®テストでも扱われる場面に合わせた英語の4技能(聞く、読む、話す、書く)の力を身につけ、基礎力強化をめざします。グループワークやスピーチ、プレゼンテーションなどの実習に富んだ授業です。

Pick Up! 教員

グローバルシーンで活躍できるスキルとビジネス感覚を育もう。

アジアの著しい成長・発展の中で、日本の若者が世界で活躍するには各自の個性や強みを活かして能力やスキルを磨くことが必要です。また、異文化理解への積極性と柔軟性を身につけることも大切です。国際経営やビジネスの知見を交え、国内外に羽ばたきたいという学生の夢を支援します。

平賀 富一教授

博士(経営学)、修士(法学)。専門分野は国際経営・国際経済。大手損保会社を経て、シンクタンクでグローバルな企業経営、アジア経済、サービス業の国際化などを研究。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・TOEICⓇテスト
  • ・TOEFLⓇテスト
  • ・実用英語技能検定
  • ・日商簿記2級・3級
  • ・旅行業務取扱管理者(国内・総合)
  • ・旅程管理主任者(国内・総合)
  • ・行政書士
  • ・宅地建物取引士
  • ・観光実務士Ⓡ 
  • ・イベント検定
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1・5) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。
  • ※5 申請予定の教職課程が認可された場合に取得可能となります。

取得可能な教員免許状

  • ・高等学校教諭一種免許状(商業)(※4)
  • ※4 申請予定。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

めざす卒業後の進路

金融・保険業、メーカー・卸・小売業、航空・鉄道業、マスコミ・広報・イベント関連業、専門職(通訳など)、公務員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

英語に「慣れる」学修を通じて自然と語学力が身につきます。

習熟度別少人数教育に力を入れているため、英語力をアップしやすい環境が整っているところが魅力です。学生同士による英語でのディスカッションなど、アクティブラーニングを取り入れた授業も多数。充実の一般教養科目で、語学の修得だけでなく幅広い視点も身につきます。

魚住 果布さん   2年生

写真