OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《学内レポート》造形芸術学科 インテリア・プロダクトデザインコースの学生が、「いすー1GP」表彰式のトロフィーを制作

《学内レポート》造形芸術学科 インテリア・プロダクトデザインコースの学生が、「いすー1GP」表彰式のトロフィーを制作

2019.03.08

お知らせ

芸術学部

芸術学部 造形芸術学科 インテリア・プロダクトデザインコースの2年生が、「造形芸術専門演習7」の授業で「いす-1GP」のトロフィーの制作に取り組みました。このトロフィーは、2019年3月31日(日)におこなわれる今年度最終戦の表彰式で、年間上位6組に贈られるものです。

いすー1GPとは:
京都府京田辺市が発祥で、2010年から行なわれている商店街の活性化などを目的としたイベントです。2時間の間で事務いすを使ってコースを何週走れるかを競う過酷な耐久レース。本学のインテリア・プロダクトデザインンコースは、毎年京都府京田辺市で学生の作品展を行っており、今回その表彰式で使用されるトロフィーの制作依頼がありました。

「造形芸術専門演習7」の授業では、5名1チームとして6チームに分かれ、各グループ毎にトロフィーのデザイン案を作成し、主催者へのプレゼンテーションを経て制作しました。
学生にとってはこれまでの授業で制作した課題とは違い、実際に使用されるトロフィーということ、また知名度ある「いす-1GP」での年間勝利者への贈呈品という事で、高い緊張感を持って制作しました。

トロフィーのお披露目は、2019年3月5日(火)に、日本事務椅子レース協会のあるキララ商店街で行われ、その様子はヤフー!ニュース(情報提供元 京都新聞)にも掲載されました。