OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《報告》「全国大学ビブリオバトル2018 学内決戦」を開催

《報告》「全国大学ビブリオバトル2018 学内決戦」を開催

2018.11.13

お知らせ

図書館

2017年11月9日(金)、本学にて「全国大学ビブリオバトル2018 学内決戦」を開催しました。

ビブリオバトルとは、バトラー(発表者)たちがおすすめの本を一冊持ち合い、1人5分間で本の書評を行った後、全員の投票で、最も読みたくなった本=「チャンプ本」を決定する、というゲーム感覚の書評合戦です。全国大学ビブリオバトルは、大学生・院生を対象とした大会で、地区予選→地区決戦→大阪決戦の3段階トーナメント形式で行われます。例年、全国の大学で200以上の予選会が開催され、1,000人以上の大学生・院生がバトラーとして参加しています。

今年は、約460名の学内予選を勝ち抜いたバトラー8名が決戦に参加し、大勢の学生・教職員が見守る中、レベルの高い書評合戦が繰り広げられました。
参加者全員による投票の結果、教育学部1年生・船木涼さんが紹介した「私と踊って」、マネジメント学部1年生・原田理沙さんが紹介した「世界でバカにされる日本人」、マネジメント学部1年生・服部麻唯さんが紹介した「わけあって絶滅しました」が見事チャンプ本に選ばれました。


▲教育学部1年生 船木涼さん

▲マネジメント学部1年生 原田理沙さん

▲マネジメント学部1年生 服部麻唯さん

以上3名は、11月17日(土)に大阪工業大学大宮キャンパスにて開催される関西Cブロック地区決戦へと駒を進めます。

ビブリオバトルは毎年開催されます。学生の皆さんは是非積極的に参加してみてください。

▼全国大学ビブリオバトル2018~大阪決戦~WEBサイト
http://zenkoku.bibliobattle.jp/