2020年4月 経営学部、始動。

大阪成蹊大学マネジメント学部は
「経営学部」として新たにスタートします。

※名称変更申請予定。内容は予定であり、変更の場合があります。

「経営の本質」を求めて、
自分を「アップデート」し続ける4年間

「経営」とは、単にお金の稼ぎ方を考えることではありません。
多様な人と協力しながら、組織の持つ経営資源を最大限に活用し、新たな価値を生み出す。
そこに「経営の本質」があります。

大阪成蹊大学 経営学部では、新たな価値を生み出す「経営の実践」を重視した学びを展開。
変わり続ける社会とのつながりの中で「生きた経営」を学び、とことん成長できる。
自らを、周りを、アップデートする。

次世代を支える「経営人材」をめざす4年間が始まります。

「将来直結型」の3学科5コースの学び

経営学科│経営コース

「モノづくり」「マーケティング」「経営戦略」の3つの柱で、幅広い業種に通用する経営人を養成。
学生主体で学ぶアクティブラーニングであらゆる角度から経営を探究し、様々な企業からゲストスピーカーを招き、経営の実際に触れながら、企業の成長と進化の方向性を知り、支えることのできる経営力を身につけます。

学びキーワード
●顧客のニーズを探るマーケティング調査 ●商品の企画・開発 ●フィールド調査 ●経営戦略の立案
めざす進路
商社/銀行/保険会社/メーカー/IT関連/公務員/教員 など

経営学科│公共政策コース

これまで行政が提供してきた公共サービスのあり方が変わり、官民協働による新しい公共サービスのあり方を考える時代になってきました。国や地方自治体、NPOなどの運営に関わる様々なフィールドワークや政策形成を通じて、国や地域における様々な課題を経営的な視点で捉え、多様な人々と協働してよりよい公共サービスを実現できる力を身につけます。

学びキーワード
●公共政策フィールドワーク ●官民協働の取り組み ●地域の持続的発展 ●政策形成 ●地域活性化 ●LEC東京リーガルマインドとの連携による学内公務員試験対策プログラム「大阪成蹊Passプログラム」
めざす進路
国家公務員/地方公務員(政令指定都市・市役所職員)/警察官/消防官/NPO法人職員/社会福祉法人職員/教員 など

経営学科│食ビジネスコース

食ビジネスコースでは、大阪府、JA全農大阪、地元企業との産官学連携により、「大阪産(もん)野菜」を使った商品開発に取り組むなど、これからの「食」のあり方を追究。
食の6次産業化=食に付加価値をどうつけるかが重要となる今、「食による喜びと豊かさ」を生み出せるマネジメント力を身につけます。

学びキーワード
●商品の共同開発 ●販促プロモーション ●店舗経営・開業計画 ●食に携わる様々な人々への理解を深めるフィールドワーク ●食の6次産業化プロデューサーの資格取得
めざす進路
食品メーカー/食系卸・小売業/外食・中食産業/農業法人/公務員/教員 など

国際観光ビジネス学科│国際キャリアコース

グローバル企業の事業展開や運営、商品企画からプロモーション、販売まで総合的に学び、国際的なビジネス感覚を養成。企業の現状を分析し、国際競争力を高めるには何が必要かを主体的に学んでいきます。また、少人数・習熟度別のクラス編成で英語授業を行い、グローバル社会で通用する英語力を身につけます。

学びキーワード
●1年次・3年次の2度の留学で夢に近づく「STEP留学」 ●英語教育センターでネイティブ教員による個別指導 ●企業のグローバル戦略 ●国際ビジネス調査 ●海外インターンシップ
めざす進路
商社/銀行/保険会社/メーカー/マスコミ/公務員 など

国際観光ビジネス学科│観光ビジネスコース

観光業界で即戦力として活躍できる専門知識や企画力はもちろん、日本を訪れる人々を受け入れるためのホスピタリティや各種サービスの企画力を育む授業が充実。また、少人数・習熟度別のクラス編成で英語授業を行い、観光業界の第一線で活かせる英語力を身につけます。

学びキーワード
●1年次・3年次の2度の留学で夢に近づく「STEP留学」 ●英語教育センターでネイティブ教員による個別指導 ●観光関連産業でのインターンシップ ●地域活性化 ●ホスピタリティ
めざす進路
航空会社・空港/ホテル・旅館/旅行会社/テーマパーク/ブライダル産業/公務員 など

スポーツマネジメント学科

日本は、2019年からスポーツの国際的な大会が3年間連続で開催される「ゴールデン・スポーツイヤーズ」に突入。
この好機の中で、「する」「みる」「ささえる」の3つの観点から、スポーツ産業やスポーツ関連組織の経営を学び、実際の現場に触れながら、「スポーツの未来」を支えられる能力を身につけます。

学びキーワード
●プロスポーツチームとの連携プロジェクト ●スポーツ用品メーカーの開発研究 ●球場運営のフィールド調査 ●スポーツ大会の運営ボランティア ●MLB研究 ボストン海外調査
めざす進路
スポーツ用品メーカー/スポーツ関連流通業/スポーツ関連サービス業/プロスポーツチーム/スポーツ施設/公務員 など

自らをアップデートし続ける経営学部の学びのサイクル

日々多様化する社会と経営のあり方を見据え、
経営のプロたちが学びの内容を常にアップデート。
学生自身も、様々な経営課題へのチャレンジを通じて思考力・実践力を磨き、
社会で活躍できる経営人材へと自らをアップデートしていきます。

知る
「生きた経営」を学ぶ全授業アクティブラーニング詳しくは特色1へ
理解を深める
第一線で活躍してきた教員による指導詳しくは特色2へ
成長する
実践と研究を重ねる4年一貫のゼミ詳しくは特色3へ
自分の実力を試す挑戦の場
PBL(課題解決型)授業詳しくは特色4へ
成長型専門インターンシップ詳しくは特色4へ
海外研修詳しくは特色5へ
将来の活躍フィールドへ
4年間の様々な経験を武器に、
各分野の即戦力として活躍。

経営学部の5つの特色

全ての授業が、アクティブラーニング。

経営学部では、すべての授業が「アクティブラーニング型」。
教員が学生に対して一方的に指導する講義形式ではなく、学生が主体となって「見る、考える、書く、話す、発表する」といった活動を通じて知的好奇心・モチベーションを育て、能動的に学ぶことができます。

 

ビジネスの現場で経験を積んだスペシャリストが授業を指導。

各学科の実務家教員一覧 敬称略 ( )内は前職
経営学科
山崎哲弘(大阪商工会議所人材開発部副主幹)/海野大(株式会社ポラリス取締役社長室長)/髙畑能久(日本ハム株式会社経営企画部マネージャー)/大島博文(神戸市都市戦略担当課長) ほか

※就任予定

国際観光ビジネス学科
平賀富一(株式会社ニッセイ基礎研究所主席研究員アジア部長)/中野毅(フィンランド航空大阪支店統括部長)/国枝よしみ(日本航空株式会社国際線客室乗務員・株式会社ホテル日航大阪総務グループ長)/島雅則(株式会社ロイヤルホテル理事、奈良・登大路ホテル総支配人)/松田充史(近畿日本ツーリスト株式会社) ほか
スポーツマネジメント学科
岡田功(毎日新聞社記者)/水野利昭(ミズノ株式会社社長室長)/植田真司(ミズノ株式会社、株式会社ニーズ創造研究所代表取締役)/菅文彦(ヤフー株式会社、株式会社スポーツ&ソーシャル総合研究所設立)/田村匡(建設省、株式会社電通)/瀧谷賢司(中・高校教員、日本陸上競技連盟強化委員)/胡山喬(中国バドミントンナショナルチーム) ほか

※実務家教員とは、企業や非営利団体、行政の現場などにおいて、自身が担当する授業に関わる実務に従事した経験を持つ教員のことです。
上記は2019年2月時点の予定であり、変更する場合があります。

1年次から始まるゼミベース教育。

1年次から少人数によるゼミベース教育を展開。経営学の基礎をしっかり固めたら、2年次からは興味のあるテーマのゼミに所属して学びます。リサーチとディスカッションを重ね、卒業研究、そして将来の夢へ進んでいきます。

卒業研究テーマ例

「マーケティング手段としての動画広告とその効果」
「産学連携による製菓キットの商品開発」
「財務データから読む企業のビジネスモデル」
「外国人観光客の関西地域へのリピーター増加策に関する研究」
「日本のeスポーツの定着による市場拡大に関する研究」

企業や自治体と連携した
PBL(課題解決型)授業×成長型専門
インターンシップ。

50以上の企業・自治体と連携したPBL(課題解決型)授業によって、社会との深い関わりの中で、実践力を磨いていきます。
そして、成長型の専門インターンシップで即戦力となる経営人材へアップデート。

 

海外研修「グローバル・アクティブ
ラーニング」で海外でも主体的に学ぶ。

各学科・コースの専門に関わる内容を海外で学ぶことのできる海外研修が充実。ここでもアクティブラーニングの手法を取り入れ、学生主体で協働しながら学びます。異なる言語や文化の中で課題に取り組むことで、国際的な視野での課題解決力を養います。

過去の実施プログラム一例
プログラム名 渡航先 概要 期間
第4次産業革命とグローバルビジネス
~AIを活用した新ビジネスモデル開発~

※協定校(韓世大學校)訪問

韓国 韓国・韓世大學校の学生とともに、「第4次産業革命」をテーマに、各国のビジネス環境の特徴や相違点を議論し、相互に理解。韓国でのフィールド調査の成果を、両校の学生が協働して取りまとめ、合同学術発表会を実施。 4日間
フランスにおける
ボルディエバター製造と流通を学ぶ
フランス フランスのボルディエバターの例を通して、バターがどのように流通し、ブランド力を高めていったのかなど、6次産業化の成功例のビジネスモデルを学び、グローバルな視点で食ビジネスを考える力を強化。 8日間
海外スポーツビジネス調査 スペイン プロサッカーの本場、スペイン・バルセロナのFCバルセロナを訪問し、9万8千人収容のカンプノウスタジアムの視察や、クラブ職員による特別講義を受講。クラブ運営やスタジアム管理、イベントマネジメントについて学びながら、試合観戦を通してサッカー文化を体感。 7日間

取得をめざす資格

日商簿記/販売士/宅地建物取引士/行政書士/ビジネス実務法務検定/実践キャリア実務士/上級ビジネス実務士/食の6次産業化プロデューサー(食Pro.)/フードコーディネーター/食品衛生責任者/旅行業務取扱管理者(国内・総合)【国】/旅程管理主任者(国内・総合)/観光ビジネス実務士®/イベント検定/アシスタントマネジャー/スポーツイベント検定/フィットネスクラブ・マネジメント技能士/ TOEIC® LISTENING AND READING TEST/実用英語技能検定/中学校教諭一種免許 状(社会)【国】/高等学校教諭一種免許状(公民)【国】 など

※【国】は国家資格。 ※TOEICはエデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。このページはETSの検討を受けまたは承認を得たものではありません。

確かな就職実績と安心のサポート確かな就職実績と安心のサポート

経営学部では、企業や自治体と連携した実践的な学び、現場経験豊富な教員による指導に加え、マンツーマンのキャリアサポートで夢を実現します。

98.7%
2019年3月卒業生の就職率(最終見込み)

学部担当の就職部スタッフが、学生一人ひとりの状況を把握し、個別にサポート。一人あたりの就職相談回数は平均11.4回。企業研究からエントリーシートの作成、面接対策など、就職活動を最後までバックアップします。

おもな就職実績

製造業/三協立山、ラサ工業、大和冷機工業、日本ハム西販売
金融業/関西アーバン銀行、鹿児島銀行、大阪シティ信用金庫、北おおさか信用金庫、第一生命保険
商社・卸売業/コマツリフト、リコージャパン、ジャパンビバレッジ
小売業/エディオン、ビックカメラ、カネボウ化粧品販売、トーヨータイヤジャパン、コスモス薬品
情報通信業/ネクシィーズ、コネクシオ、エイチーム 教育・学習支援業/公立小学校、公立高等学校、私立幼稚園
不動産業/タマホーム
医療・福祉/ロングライフホールディング
サービス業/エイチ・アイ・エス、綜合警備保障
スポーツ関連/ニシ・スポーツ、モリヤマスポーツ、クリヤマ、ゼビオ、セントラルスポーツ
プロスポーツ/シュライカー大阪、アルビレックス新潟シンガポール など

※マネジメント学部過去5年間(2014~2018年)の主な実績

オープンキャンパス開催中

経営学部の学びについて、オープンキャンパスで詳しくご紹介します。個別質問も受け付けますので、ぜひお越しください。

詳しくはこちら

資料のご請求

資料・願書請求はインターネット、お電話のいずれかの方法で受付しています。また、デジタルパンフレットですぐに閲覧いただけます。

詳しくはこちら