【芸術学部】 美術・アート表現コース【芸術学部】 美術・アート表現コース

平面・立体造形の制作、アートプロジェクトや、インターンシップへの参加など多様な学びを修めながら、専門の表現力・展開力を身につけていきます。作家としてはもちろん、教職などの専門職や一般企業にも通じる人材を育成します。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    幅広い美術表現をすべて学べる

    1年次には絵画表現・工芸表現・立体造形・アートコミュニケーションを幅広く学び、基礎を備えてから専門の学びへとステップアップします。

  • Point

    2

    表現者としてのスキルと感性を磨く

    美術表現に必要な知識や技術・材料をより専門的に学び、多様な表現を修得し、実際に造形する力と独自のスタイルを追求します。

  • Point

    3

    培った感性と表現力を社会に活かす

    展覧会企画立案から作品発表、また多様なワークショップや教育現場での実践型授業を通じ、プロデュース力を養い、社会に発信する力を養います。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    プロポーザルから平面表現の展開、材料学(専門基幹演習2)

    平面・工芸・立体造形から2つを選択して作品をつくります。制作のベースとなるのは素材・技法・コンセプトの研究。実験や試作から得たデータをもとに造形表現の原理や関連知識を学び、自己表現に必要な課題を解決。個人制作への応用、展開につなげます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    表現の展開(専門基幹演習3)

    絵画、立体表現、工芸表現に関して得た専門知識や技術を駆使して、積極的な表現に挑戦。独自性を大切にした個人制作に打ち込むことにより、専門的表現力の向上をめざします。作風を深化させながら新たなテーマにも挑み、「創作の引き出し」を増やします。

Pick Up! 教員

美術表現の基礎を徹底して修得し、細分化する専門分野へ。

学部の学びとしては最先端の芸術表現まで網羅されているカリキュラムがありますが、本コースの真骨頂は実技の分野で、伝統的な美術表現を礎として体系的に学べる環境があることです。基礎力を徹底的につけた後に専門の学びへつなげていく体制で、細分化する専門分野を知り、学びを深めていけるよう導きます。

コース主任津田 やよい准教授

専門分野は絵画技法史材料で、主に16世紀~現代の基底材、描画材を専門とする。研究テーマはレンブラント、レオナルド・ダ・ヴィンチとその周辺の技法の諸相。

写真

めざす資格

  • ・Adobe PhotoshopⓇ検定
  • ・Adobe IllustratorⓇ検定
  • ・色彩検定Ⓡ
  • ・児童指導員
  • ・中学校教諭
  • ・高等学校教諭
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1)
  • ・博物館学芸員
  •   など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ・中学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

作家、福祉施設、児童厚生施設、教材・知育玩具メーカー、教員、博物館学芸員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

主体的な学びに満足の毎日。目標は美術の教員です。

指導体制が万全なので本格的に絵を描いた経験がなくても安心です。画材や設備も充実。チャレンジに対しても非常に具体的なサポートをいただけて、すべてに意欲的になれます。オープンキャンパスで感じた、親身で温かい校風そのままの大学です。

岡松 千歩さん  2年生

写真