【芸術学部】 美術・アート表現コース【芸術学部】 美術・アート表現コース

多様な学びを組み合わせながら、専門のスキルを身につけていきます。また、アートプロジェクトの 立ち上げや、インターシップに積極的に参加するなど、社会の現場でさらに専門性を身につけます。 作家としてはもちろん、教職などの専門職や一般企業にも通じる人材を育成します。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    幅広い美術表現をすべて学べる

    1年次には絵画表現・工芸表現・立体造形・アート コミュニケーションを幅広く学び、基礎を備えてから 専門の学びへとステップアップします。

  • Point

    2

    表現者としてのスキルと感性を磨く

    地域や子どもと関わりながらより良い生き方を創出できる、 社会に対して影響力のある人材を育成します。縦割り 学習や外部コンペも行われます。

  • Point

    3

    培った感性と表現力を社会に活かす

    教員免許状や博物館学芸員の資格取得、美術関 連施設のインターンシップなど、専門職や一般企業に も通じる学びがあります。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    プロポーザルから平面表現の展開、材料学(専門基幹演習2)

    油絵、日本画、染色、立体の各専門技法 から選択した技法を用いて、与えられた テーマに沿った作品制作を行います。 多様な造形表現を理解し、可能性を探り 応用することにより表現の幅を広げる ことをめざします。

  • 写真

    Pick Up

    2

    3年生展/企画・展示(専門基幹演習4)

    外部での発表を前提とした作品制作。 コンセプト、スケジュール設定、見せ方の 工夫など美術の現場をより意識した 作品制作を通じ、見えてくる自分と美術 とのあり方を確認しながら検証してい きます。

Pick Up! 教員

美術の学びを社会に活かす。

表現者として、自分の表現を見つけることが学びの主眼と なりますが、共同制作や地域とのアートプロジェクトなど美術 の学びを通じて社会に積極的に関わっていきます。個々の 表現の探求を、アートの力の可能性を積極的に試みてください。

コース主任村岡 幸信教授

京都日本画家協会会員。創画会准会員。専門は日本画、主に風景作品。

写真

めざす資格

  • ・Adobe Photoshop&ref;検定
  • ・Adobe Illustrator&ref;検定
  • ・色彩検定&ref;
  • ・児童指導員
  • ・芸術療法士
  • ・中学校教諭
  • ・高等学校教諭
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1)など
  • ・※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ・中学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

作家、福祉施設、児童厚生施設、教材・知育玩具メーカー、教員、博物館学芸員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

友人や先輩の制作風景を見るとモチベーションが上がります。

先生との距離が近い環境にひかれて入学しまし た。作品制作で悩むことがあると先生が相談に 乗ってくださいます。友人や先輩と同じ空間で制作 することが多いので、その姿から刺激を受け、私も 頑張らなければとモチベーションが上がります。

新見 百香さん  2年生

写真